病院介護施設での研修講師として「ともに成長、ともに幸せを探究していく」パートナーとして認識してもらう

現在ありがたいことに、病院介護福祉施設で、

チームビルディングに関して、「コミニュケーション」をテーマとして、研修講師のご依頼が増えている。

私が、その時に大切にしていることが2つあって、

一つは、

「カスタムメイド形式」で、研修内容を提案すること。

もう一つが、

「ともに成長、ともに幸せを探究する」

というパートナーシップを築くこと。


カスタムメイド形式に関しては、研修前に、必ず事前打ち合わせをさせていただき、

組織におけるチームビルディングやコミニュケーションに関しての、理想の姿と現状の姿を一緒に確認する。

イメージで表すと↓

画像

このことを研修担当の方と、共通認識を持つことにより、

組織に関わると人の「成長と幸せの探究」を
パートナーシップを築き、

「ともに」というマインドを持つことができる。


一回の研修で、全ての壁を乗り越えることはできなくても、

壁を乗り越えるキッカケをつくることはできると、私は思っています。

組織において、「人」と関わる以上、「コミニュケーション」は欠かすことのできないもの。

チームビルディング×理学療法士×コーチングとして、

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修100件以上、600時間以上の個別セッションの経験を持つコーチとして、

「病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向けカスタムメイド式の企業研修」

に、研修担当の方と、ともに成長していくべく取り組んでいこう。

今までの研修の様子はこちら

お問合せ、ご相談はこちらへ。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。