フィードフォワードできる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーは可能性を広げる

コーチングスキルのフィードフォワード。

フィードフォワードとは、メンバーの将来に向けた改善点や目標達成に向けたアイデアを話し合う取り組みのこと。結果に対してアドバイスや指導を行うフィードバックとは反対の取り組みであり、過去や現在ではなく、未来に焦点を置くことが前提となる点が特徴といえます。

フィードフォワードとは?【フィードバックとの違い】具体例フィードフォワードとは、未来に着目しながら改善点や目標達成に向けた意見交換を行う取り組みです。フィードバックと対になる手法www.kaonavi.jp


似ている言葉のフィードバックとの違いは、時間軸で考えると、フィードバックは過去や現在生じていることに、

「目標に対して、こうだよ。これぐらいズレているよ。」

と事実を伝えるもの。

フィードフォワードは、未来に対して、

「あなた、こんな可能性あるんじゃない?!」

というメッセージを伝える。


みなさんも、人から、

「○○さん、こういうのも向いているんじゃない?」

と言われたり、ある種、未来への占いなど、

「あなたの未来には、○○が見えます」

と言われて、

「へぇ〜、そうなんだぁ。自分には、そんな可能性があるのかな。」

とワクワクした経験ありますか?


何か現状を打破したい、そんなスタッフを見かけたら、そのスタッフの強みを考えて、

「私には、あなたが、○○で活躍している姿が見えるなぁ。」

と、アイメッセージ(私には)で伝えると、スタッフの新たな可能性を開くキッカケになるので、ぜひ、トライしてみては。

そのためには、日頃からスタッフをよく観察する必要があるので、そのことも合わせて、ぜひトライをしてみはいかがでしょうか?

ちなみに、フィードフォワードは、その場では刺さらなくても、あとあと、「あっ、あの時、言われていたことが。。。」となることも多いのが特徴。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、740時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。