リクエストできる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーはスタッフの可能性を広げる

コーチングスキルのリクエスト。

これまであまり試したことがないテーマに意識が向かい、相手の可能性を引き出し、無意識に作っている枠の外へクライアントが移動できるよう、促すことがリクエストのスキルなのです。

「リクエスト」のスキル ~ クライアントの飛躍的成長を促すスキル! – CBLコーチング情報局コミュニケーションは、一人では成し遂げられないことを達成する手段として発達してきました。目的を達成するために周info.coaching-labo.co.jp


コーチングスキルのリクエストにおいて、私が大切にしているマインドが、

「リクエストをどうするかは、相手次第。」

ということ。

そうでないと、

「せっかく、リクエストしたのに、全然動いてくれない!」

このようになってしまうことって、実は多い。

それより、

「リクエストをどうするかは、相手次第。」

と思えると、リクエストする側、そして、される側も気持ち的にも楽になる。


加えて、リクエストのスキルの根底にあるのは、同じくコーチングスキルの承認。

要は、相手の存在、相手の可能性を認めている(承認)からこそ、リクエストする、ということ。

可能性に関しては、フィードフォワードの要素も絡んでくる。

「私は、きっと、あなたなら、もっと成長できると思う!」

そのようなI(アイ)メッセージも含めてのリクエスト。


このように、リクエストもそうだし、他のコーチングスキルの承認、フィードフォワードも単体で使うというより、実は、根っこで関係しあっていることが多い。

ぜひ、スタッフの可能性広げることができる、リクエストお試しください。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、740時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。