目標達成の近道:コーチングで学ぶ、効果的なフィードバックの活用法

フィードバックと聞くと、どんなイメージがある?

コーチングスキルの中でのフィードバックは、端的に言うと、

「目標から、どれぐらいズレているかの事実を伝える」

ということ。

それにより、軌道修正をして、目標到達を目指すときに、このフィードバックが機能する。


「フィードバックください!!」

って言ったりすることってあると思うけど、

この時に注意しなくちゃいけないのが、

「目標」

がお互いに共有されていること。

あくまでも、

「目標」に対して、どのぐらい軌道がズレているかを伝えるのが、フィードバックなので、

「目標」が共有されていないのに、フィードバックは機能せず、場合によっては、ただのダメ出しなどになってしまうことがある。


そして、人が成長する時に、このフィードバックは本当に大切。

というのも、目標に対して、どのぐらいズレているかは、

自分だけの視点だと狭くなりがちになるので、

第3者に、客観的に見てもらうことにより、自分自身も俯瞰して見られるようになるからね。

成長をしている人を観察してみると、このフィードバックを自ら人に貰いに行っている。

そして、フィードバックを貰うということは、目標も意識して、それを伝えることにもなるので、

目標もクリアー、明確になるという、一石二鳥な感じなんだよね。


、、、言語化してスッキリ☆☆

みなさんも、ぜひフィードバックを自ら取りに行くこと、成長に繋がるのでお試しあれ☝

さぁ、本日もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。