幸せとは何か?を問える理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーは話しかけられやすい

「あなたの幸せって何?」

ふいに、このことを聞かれたら、なんて答える?

問いかけの方法には、大きく分けて2つある。

一つは、

解像度を高めて、具体的に答えられる問い。

もう一つが、上記の幸せとは何か?というように、

抽象度が高く、パッとは具体的に答えにくい
問い。

どちらの問いが優れているかということではなく、バランスよく問いかけができることが、リーダーとして大切。


「なんかよく分からないけど、あのリーダーと話したい。話を聞いて欲しい。」

という場合は、実は、そのリーダーは、この二つの問いの構造を上手に使っている。

特に、「幸せ」や「成長」などの問いを置かれると、普段、そこまで意識しない人が多いので、ある種、魅力的に思う。

敢えて、抽象度が高い問いを使うこと、リーダーとして使ってみることお試しください。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。