【苦手だったSNS更新ができるようになった】M.Sさま(コーチ/理学療法士)

Q.山田にコーチングセッションを依頼したキッカケと、受けようと思った決め手は何でしたか?

コーチとして起業しようと思ったから、習ったコーチングスクール以外の方のコーチングを受けてみたかったから

Q.コーチングセッションを受ける前のあなたは、どんなあなたでしたか?

起業準備をしたいのに進まず、こうだったらどうしようと不安の塊で頭の中でグルグルして行動に移せていなかったです。やりたいことがいつからか、やらなきゃの義務に変わっていました。

Q.コーチングセッションを受けてからのあなたは、どんな変化があなたに生じましたか?

義務になってしまった不安の部分をセッションで扱っていただき、不安が具体的にみえてきました。日ごろから「~しなきゃ」や「焦り」が行動の原動力であったことに気づき、「したい」こと以外はするの止めてみました。すると「したい」に変わっていき、次第に行動に移せていなかった起業準備に取り掛かることができました。苦手だったSNSの更新もできるようになりました。妄想であった不安も減り、今に集中することができました。

Q.山田の印象(人柄なども含む)は?

「Sさんはそう思うんですね」というワードが特に印象的です。まささんの世界観で私を図ろうとせず、私の価値や考えを理解してくれようとする姿勢が安心感につながっています。けれども、まささん自身が感じたことも率直におっしゃってくれるので、変な気を遣わずにそのままでいても大丈夫な空間がとても心地よいです。 私は自分の感性で物事を話していまいがちなので相手はどう思っているか不安になりますが、まささんは面白がってくれるのでそれも自分ワールド全開で思いっきり話せたスッキリ感もありました。(ドラゴンボール話です笑) 異を楽しんでくれているので何を話しても大丈夫な安心感がありました。

Q.もし、コーチングを受けていなかったら、どうなっていたと思いますか?

未だにグルグル考え悩み行動に移せず、そんな自分が嫌になるの悪循環であったと思います。

Q.もし、あなたと同じ悩みを持っている方に、山田のコーチングセッションを勧めるとするならどんな言葉で説明しますか?

自分の真ん中、どストライクに投げかけてくれるコーチがいる。自分と本気で向き合いたいならおすすめ!

Q.その他

いつもここ上手く話せないな~と思う所に問が来るので、なぜ分かったのだろう?とコーチの頭の柔らかさとキャッチ力に感服しています。自分のコーチングセッションに対するコーチングも今後受けてみたいなと思いました。(メンターコーチングみたいな)

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。