「やってみよう」と声をかけられる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーは成長を促せる

「成長するために、必要なことは?」

このような問いを置かれたら、どうだろう。

人は、それぞれ、目的は違えど、

「成長」

することを考えていると思う。


「成長」

に、一番必要だと私が思っているのが、

「体験」

すること。

一つひとつ体験を重ねて、

「成長」

できる。


そして、その体験を重ねるためには、

「やってみよう」

と思うこと。

ただ、この一歩を踏み出すには、勇気が必要だったりする。

リーダーとして、この勇気をスタッフに持ってもらうことは、大事な役割。

「やってみようよ。」

この一言が、スタッフの新たな可能性を広げることになる。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。