「いま、楽しそうに話していたね。」→「何を思い出したの?」PTOTSTのリーダーとして、一歩進んだ質問をしよう

人は興味関心を持たれると、嬉しくて、興味関心を持ってくれた人に、もっと話したくなる。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーにとって、

「スタッフが、リーダー(私)に、本当のことを話してくれていないと感じていて。。。」

こんな風に思うことってあるかな?(私はある!!)


いま、○○ハラスメントなど含めて、コンプライアンスなどの話題も、メディアで取り上げられている中で、

「リーダーとして、スタッフにどう関わるのがいいの?!」

と悩んでいる方も多いのではないかな。

そこで、今回、コミニュケーションスキルの、

「一歩進んだ質問をする」

を紹介。


「いやいや、一歩踏みむと、ハラスメントとかになるんじゃないの?!」

という声も聞こえてきそうだけど。。。

その気持ちも分かるけど、あまりにも、全てにおいて、そのことを気にしていると、

必然とコミニュケーションの量も減り、実は結果として、スタッフとの関係性が崩れることが多く、すれ違いも生じてしまうのではないかなぁ、

と、コミニュケーション、コーチングを学び始め、マネジメント現場で実践しながら思うところ。


一歩進んだ問い置くことを、具体的に言うと、

「いま、楽しそうに話していたね。」→「何を思い出したの?」

ポイントは、まずは、相手が楽しそうな話をしている方が、心理的安全性が保たれている可能性が高いので、

そこに対して、

「何を思い出したの?(えっ、なになに?!今の、楽しそうなの、なになに?)」

というイメージ。

冒頭にも伝えたけど、人は興味関心を持たれると嬉しい、という前提のもと、

まずは、スタッフが楽しそうにしている時に、具体的に、その楽しそう感情などがどこから来ているかを尋ねてみると、

そのスタッフが大切にしている価値観にも触れることができる。

そして、これらができてくると、悲しいなどの感情にも少し踏み込めるようになるのだけど、それは、また、少し別のテクニックも必要なので、またの機会に。


、、、言語化してスッキリ☆☆

一歩踏み込むポイントは、相手が楽しそうな時ね🎵

さぁ、本日もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。