実績を出している理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーは準備が抜かりない

華やかに活躍しているように見える理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーの話を聞くと、ある共通点がある。

それは、

「準備が抜かりない」

ということ。

少し、言葉を変えるなら、

「基礎を疎かにしていない」

いわゆる、守破離の、守の部分にかなりの時間を費やしているということ。


聞くと、学生時代や、若手時代に、いろいろと経験して、その中で、

「やっぱり、基礎なんだよね」

「いきなり、飛び道具を出しても、一時的にはいいかも知れないけど、長続きはしないんだよね。」

そのような話をする人が多い。


そう言ったリーダーの多くは、人との関係も大切にしていて、

謙虚で、目配り、気配り、心配りができることも共通点としてある。

実績を出せるには、理由があるということ。

抜かりない準備をすることが、行動する際の自信にも繋がり、

そう言った姿は、スタッフから見ると、素敵なプレゼンスに移り、人を惹きつけることにもなる。

抜かりない準備、そして、基礎を大事にしていこう。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。