スタッフの話を聞けるようになりたい理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーこそ、「人に話を聞いてもらう」体験を重ねよう

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーの方とお話をしていると、多く聞くのが、

「スタッフたちの話を聞くのが、私たちの一番の仕事ですから。」

ということ。

もちろん、この想いは本当だと思うし、私自身もリーダーとして大事にしていること。


私は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーに、コーチという立場でコーチングセッションを提供しているのだけど、そこで多く聞こえる声として、

「いやぁ、普段は、話を聞くことばかりなので、こうやって、自分のことを話すってあまり機会がなくて。

でも、定期的に、こうやって、自分が頭で考えていることを、実際に言葉に出すって大事ですね。

考えていたことが、意外と大したことなかったり、その逆もあったりと、そんな感じです。」

というようなことを数多くある。

特に、この傾向は、リーダーに成り立てで、まずは、頑張ってスタッフたちの声を聞くことにフォーカスしている方に多い印象を、私は受けている。


私は、理学療法士としてリーダーになるタイミングで、マイコーチをつけて、今も変わらず月2回セッションを受けているのだけど、

「えっ?!コーチもコーチをつけるの?!」

と聞かれることも多いけど、コーチがコーチをつけるのは、とても大事なことで、一言で言うならば、

「自分自身が、コーチングセッションの効果を感じる体験」

これが、何よりコーチとしてのスキル、マインドアップに繋がるんだよね。

例えるなら、リハ関係で実技研修に行った時に、講師の凄腕の先生のスキルを実際に患者役になって体験すると、

「うわっ!すごっ!」

となるような感じ(このイメージ、伝わると嬉しい!)

〜〜〜

話を戻すと、リーダーとして、人に話を聞いてもらう体験があり、その効果を実感できると、自然とスタッフの話を聞けるようになるということなんだよね。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーにとって、スタッフの話を聞く力を養い続けるって、大切だよね。

この辺りは、コーチングスキルで言うと、「傾聴」のお話しになる↓

https://be-a-smile.com/%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%ab%e3%81%ae%e5%82%be%e8%81%b4%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/


、、、言語化してスッキリ☆☆

ちなみに、セッションを受けるときのコツとして、とにかく話し切ることが大事。

人って話切ると、未来に進めるからね。

さぁ、本日もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。