【自身の願いや想いの解像度が高まった】影近卓大さま(法人代表/理学療法士)

Q.山田にコーチングセッションを依頼したキッカケと、受けようと思った決め手は何でしたか?

前職時代の同僚で色々とお世話になっていました。弊社でコーチング・コミュニケーションの研修を開講して頂き、そこから個人としてもコーチングセッションを受講しようかと思いました。

Q.コーチングセッションを受ける前のあなたは、どんなあなたでしたか?

想いや願いが強いものの、抽象度が高く、相手に伝える時にも想いが先行してしまうばかりで、相手に届くような形で熱量の放出が出来ていなかった様に思います。

Q.コーチングセッションを受けてからのあなたは、どんな変化があなたに生じましたか?

自身の願いや想いの解像度が高まってきたために、目の前の人に届けたい熱量で言語化できるようになってきています。元々ローカル視点が強かったのですが、そのローカル視点は持ち続けつつもグローバルの視点も持てるようになり、互いを行き来する過程の中で、自分と相手と地域のそれぞれの願いや立場の認識が変わり、分かり合えなさを受け入れられてきたように思います。

Q.山田の印象(人柄なども含む)は?

最後に「明日から何をしますか?」と問いかけて頂きますが、そのタイミングで自分自身のアクションに視点が向かうことが出来ています。セッション中は取り留めなく話をし続けているため、ともすれば、雲をもつかむ様な内容になりがちですが、その時にグッと自分に目が向けられるので、あの瞬間に自分が話すことを大切に考えています。

Q.もし、コーチングを受けていなかったら、どうなっていたと思いますか?

様々な出会いの中で、受けていない自分を想像する事は難しいですが、あのタイミングでコーチングを受けるという選択をしてなければ、会社運営や目指したい地域づくりのスピードは減速していたように思います。少なくとも今の位置には、まだ到達していなかったのではないでしょうか。

Q.もし、あなたと同じ悩みを持っている方に、山田のコーチングセッションを勧めるとするならどんな言葉で説明しますか?

おそらくコーチングは人に勧められて始めるものではないと思いますが、自分自身の選択肢の中に「山田さんとのコーチング」というものを抱えておいて、何となく気になったり、思い出したりしたタイミングで門戸を叩いてみると、きっと自分の人生のターニングポイントと感じられる瞬間になると思いますよ。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。