「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」マネジメント極意Ⅱ

日本海軍の名将 山本五十六さんが残した名言、

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」。

の続きって、意外と?!知られていないかもだけど(というか、私は知らなかった)、

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」

となっている。

先日、

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」。

を分解しながら、マネジメントと子育てに結び付けながら、私なりの解釈を進めたのだけど↷

今日は、

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」

を考えてみよう。


「話し合い」

この「話し合い」は、コミュニケーションを意味するものでもあるのだろうな。

コミュニケーションは、お互いを知るための、キャッチボールとも言われている。

スタッフや子どもとの、コミュニケーションの量が減ってくると、

自然と関係もギクシャクして、悪いところばかりに目が行きがちになってしまう。

そんな経験ってあるよね。

また、違う角度から見ると、「話し合い」ことにより、コーチングで言うところの、

お互いが同じゴールを描き、そこに向かうことを確認していく。

そんな意味もあるんだろうな。


「耳を傾け、承認し」

これは、読んで字のごとくで、

「傾聴」

そして、

「承認」

がいかに、大事かを説いたものだよね。

「話し合い」の中で、傾聴し、承認することが、スタッフや子どもとコミュニケーションを取る中で、

いかに大切か、誰しもが分かっていることではあるけど、

こうやって、はっきりと、

「耳を傾け、承認し」

と書くことで、より強調されるよね。

スタッフや子どもに、自分の話を聞いて欲しいなら、

コミュニケーションの中で、まずは、こちらがしっかりと傾聴、そして承認をすることなんだよね。

先手必勝にも近い感じ。

気がついた方から、傾聴を、そして承認を。だよね。


「任せてやらねば、人は育たず」

この「任せる」言葉にすると簡単だけど、

「任せる」の前に、

きっと、

「信じて」

この言葉が入るんだろうな。

そして、「任せる」も丸投げではなく、この「任せた」後が肝心なんだよね。

「任せた」後に、報告を待つだけでなく、こちらから、

「どうだった?」とアクションを取ることで、

「きちんと、心配してくれているんだ。忘れていなかったんだ。」

と安心感を与えることにもなる。

スタッフや子どもに対して、責任は自分が取る、この心構えが、あり方そして、行動としても大切になってくる。

そうすることにより、人は育ってくるんだよね。

つまり、裏を返せえば、「任せてやらねば、人は育たず」

と言うこと。

「任せる」

スタッフや子どもを信じているからこそ、できることだよね。


「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」

この言葉も、

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」。

同様に、マネジメントや子育てに必要なエッセンスが盛り込まれているね!


、、、言語化してスッキリ☆☆

丸投げで「任せる」のではなく、「信じて」その上で「任せる」

このあり方が、リーダー、親として大事なんだよね🌈

さぁ、本日もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。