複雑なことをシンプルに伝える理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーはスタッフに仕事を任せられる

「リーダーの仕事は複雑」

このようなイメージを持つ人は多い。

実際、仕事は複雑ではあるが、だからと言って、

「スタッフに仕事を振れない!」

となり、1人で抱え込み、にっちもさっちも行かなくなることは、誰も望まない。


以前、とある、超一流の和菓子職人の方が仰っていたのが、

「物事は、本来シンプルなものですわ。」

という言葉が、頭に残っている。

確かに、ふと、私の周りの仕事をスタッフにお願いできているリーダーの方は、

「伝え方が、シンプル」

である。


端折るとかそういうことでなく、シンプル、端的とでも言うのかな。

必要なことを、必要な分だけ伝える。

それで、不足していれば、追加する。

これで良いのだと思う。

つまり、そうできているリーダーの頭の中は、知識、情報が整理整頓できている。

まずは、自分の頭の中の整理整頓を行い、シンプルにして、スタッフに伝えて、仕事を任すこと、お試しあれ。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。