他人を変えれなくても、関わり方は自分で変えられる【プロコーチの視点】

先日、少しイラッとしたことがあって、その後に、冷静になって、

「なんだかなぁ。。。」

と思った。


冷静になって考えてみると、

「自分でコントロール出来ないこと」

が生じた時に、私は、イラッとしやすいことに、改めて気がついた。

もう少し深掘りすると、

「全て、自分がなんとかしなくちゃいけない」

そのような無意識の思い込み、アンコンシャスバイアスがあるのかな。


大人として、父親として、、、

先日のイラッとしたことは、その辺りから来る、思い込みから生まれたものなんだろうな。

そう考えた時に、そこに気づいた上で、

「じゃ、どうする?自分はどう関わる?」

と、相手を変えるのではなく、相手との関係性にフォーカスできると、選択肢が広がる。

自分の関わり方を変える。

まずは、その一歩を大事にしよう。

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。