理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のキャリアをグループコーチングで描く講座 第2回目「あり方を考える」開催報告

理学療法士×プロコーチである、山田真伸だからこそできる社会貢献を。

このことは、2022年の私の活動の大きなテーマの一つに定めている。

そこには、私自身が、2004年から理学療法士として働き、

2016年12月よりコーチングを学ぶことを始めて、

2020年6月にコーチングオフィス Be a Smileを立ち上げ、

プロコーチとしての活動を本格的に開始する中で、

自分のキャリアビジョンを、描き続けている体験がある。


私は、体験という言葉を大切にしていて、

私自身の人生の主人公は私で、

私が体験したことは、他の誰も体験できないこと、

そして、他の人が体験したことは、その人しか体験できないこと。

その体験をお互いに、良いとか悪いとか、二元論の話ではなく、

シェアして、それに対して、自分が感じたことを言語化して伝え合う。

このことが、グループコーチングの醍醐味。


コーチングを学び始めてから、

「いつか、セラピストの人たちと、キャリアを描くグループコーチングができたらいいな。」

そんなことを考えて、時折言語化しながら、

ようやく、いろいろなタイミングが自分の中で整って、開催できたこのグループコーチングの講座

【セラピストとしてのキャリアを描く「言語化で、自分らしい未来をつくる」講座】

全4回の今日は2回目。

「あり方 being」

に関して、90分間、その場にいる皆で、ひたすら対話をした。

1回目の様子はこちらをご覧ください。


私が、コーチングを学び始めた時に、

練習セッションの中で置かれた衝撃的な問い。

「山田さんは、どうありたいの?」

そこから、私があり方と向き合うことを始め、今にいたる体験談をシェア。

その過程の中で、私があり方を定めることができた3つのキッカケ、

①「あり方」を問われたこと
②「あり方」が定まっている人と出会ったこと
③「〇〇とありたい」と口に出してみたこと

を紹介。


進めていく中で、随時、皆で問いを立てて、それに対して、

誰かが言語化すれば、そのフィードバックや、深堀する問いを置いて、、、

その繰り返しで、お互いの”あり方”に対してのレセプターが開いていく感じ。

やっぱり、グループコーチングのパワーは凄い。

他の人の言語化の力を借りることにより、

一人では到達できないところまで、その人の想像を超えるところまでいくことができる。


最初は、あり方に関しても、セラピストとしてのキャリアの目線だったのが、

仕事、家庭、人生、そして、そもそも自分自身の話になり、

どんどん、上に広がっていき、気がつけば、

それぞれが、人生の中で大切にしている、あり方を言葉にして、

「私は、〇〇でありたい。」

と言語化し、それに対して、また皆でフィードバックや問いを置く。

そんな素晴らしい時間になった。

皆さんのあり方を聞いて、かなり心が温かく豊かに🌈

次回は、今回のあり方を元に、ビジョンを描き、最終回のヒーローインタビューまで駆け抜けていく予定。

この講座に参加してくれている方々の、今後の更なるご活躍から目が離せなくなること間違いなし!!

乞うご期待!!


、、、言語化してスッキリ☆☆

言語化は“自分”の気づきを促し、行動を変える力がある。

言語化は“誰か”の気づきを促し、行動を変える力がある。

言語化は未来をつくる🌈

よしっ、やるぜ!!

さぁ、残りの講座もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。