弱みを見せられる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーはチームの心理的安全性を育める

「弱みを見せられない組織」

と聞くと、どんなイメージが湧くだろう?

、、、なんだか、失敗が許されない、緊張感が高い組織に思える。

では、逆に、

「弱みを見せられる組織」

と聞くと、どんなイメージが湧くだろう?


「リーダーは完璧な人間であらねばならない

私も、管理職になりたてのころ、このように思っていた。

そうすると、何が起きるかというと、

「失敗する姿は、スタッフに見せれない」

ある種、意固地というか、完璧な人間を演じることになり、

スタッフからすると、いわゆる、

「意見がしにくい」

となるし、スタッフも、

「失敗してはいけない」

そのような雰囲気になる。


逆に、リーダーが何かミスをした時に、そのことをスタッフに自己開示して、

「いやぁ、やってしまったよ💦これ、苦手なんだよね、私。」

と言えると、スタッフも、

「あぁ、この組織はミスをしても大丈夫なんだ。」

と、心理的安全性を育むことにも繋がる。

リーダーとして、弱みを見せること、やってみるとどうなるだろう?

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、740時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。