諦(あきら)めるよりも、明(あき)らかにする〜ゴール達成に導けるリーダーのマインド〜

「諦める」

のではなく、

「明らかにする」

私が、コーチング×理学療法士として大事にしているマインド。

そして、このマインドは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリーダーにとっても大事なマインド。

ゴール達成に、チームを導けるリーダーのマインドなんだよね。

※ちなみに、もちろん、諦める、潔さも大事であることは、最初に伝えておきますm(_ _)m


コーチとして、クライアントが、ゴールを達成したい時に、

「どうすれば、そのゴールが達成する?」

という問いを置きながら、クライアントに、達成する方法を、あの手この手を使って、思考して、そして、行動して、成果を得るまでサポートする。

理学療法士としても、対象者が、病気や怪我から回復する過程のなかで、ゴールを達成するために、

「どうすれば、そのゴールが達成する?」

という問いを置きながら、対象者と共に、多職種とも連携しながら、あの手この手を使って、プログラムを実行していく。

チームのマネジメントも一緒だと、私は考えている。

チームの課題に対して、メンバーと一緒に、「どうすれば、チームのゴールを達成でき、よりよいチームとなるか。」を考えていくプロセスだよね。


これらのプロセスは、私の中で、

「諦めずに、できる方法を、明らかにする」

ことだと信じている。

「できる方法を、明らかにする」

好きなフレーズ。

できない理由ではなく、できる理由を考える。

そのためには、自分や関わる人に、どんな問いを置くかが大切。

「どうすれば、できるのだろうか?」

このシンプルな問いから、始めてみよう。


、、、言語化してスッキリ☆☆

明らかにしたいこと、考えると楽しいよね。

さぁ、本日もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。