人は影響を受けているし、人に影響を与えている

人は影響を与えているし、人に影響を与えている。

このことの大切さを改めて、考えるキッカケになったのが、こちらの書籍↓

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

こちらの書籍にあるように、礼儀正しくすることの、周囲、何より自分自身への好影響は計り知れない。


例えば、

「自分が何気なく、ペンシルを指で回す。」

といった行為も、人によっては、

「何か、イライラしているのかな?」

と思う人もいれば、

「ペン回すの上手なんだな🎵」

と思う人もいる。

解釈により、人への影響がでる。

そして、人による解釈から、自分に影響が返ってくる。

前者の人は、怖そうと言うイメージを持たれ、後者の人は、楽しげに話しかけてくれるかもしれない。


ただ、人に与える影響を考え過ぎてしまうと、何も行動できなくなる。

だから、大事なことは、

「人は影響を与えているし、人に影響を与えている。」

という前提を持つこと。

その前提があると、互いに尊重し合い、礼節を持って接することができる。


、、、言語化してスッキリ☆☆

この手のテーマは、哲学的で答えがなくて、興味深い。

さぁ、本日もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。