代表の山田がコーチングプラットフォームの講座でサブファシリテーターデビュー

今回、所属するコーチングスクールの、一般社団法人コーチングプラットフォームの講座で初のコファシリ(サブファシリテーター)を務めさせていただきました。

コーチングプラットフォームの皆さんに、サポートをいただき、私らしく笑顔で、楽しく行えました。

サポートしてくださった、皆さんに、心から感謝です!

本当にありがとうございました!

画像

コファシリ初チャレンジということで、

「守破離」

の”守”を意識しました。

それと共に、コファシリとしてスキルは必要ですが、やはり、

「ファウンデーション(自己基盤)」

自分のあり方なんだなと思いました。

スキルを使う、自分自身がどんな状態なのか?

当日いろいろなことがありましたが、都度、そのことを意識しました。

それと共に、そのことを意識でき、自分の今の状態を受け止めることが、

以前よりできるようになってきた気がしました。


それと共に、ファウンデーションに、

「基準を引き上げる」

がありますが、今回の私のコファシリ体験は、まさしくこのことだと思いました。

基準を引き上げる時、少し背伸びをする感じで、でも、それを続けていると、

それが当たり前になっていく、そのような話を聞いたことを思い出しました。

基準を引き上げる時は、ドキドキするし、緊張もするけど、

まずは、やってみて、基準を引き上げたいのか、そうでないのかも含めて、体験なんですよね。

これからも、「地」に足をつけ、関わってくれる全ての方に感謝の気持ちを持ち、

私らしく成長を幸せの探求を行っていきたい、そんな風に思えた、今回の体験でした!

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。