自分の言葉で、自分のことを話す〜コーチングセッションの効果〜

今回のタイトル、

「自分の言葉で、自分のことを話す」

裏を返すと、

「人の言葉で、人のことを話す」

もちろん、この様な場面もあるけど、

コーチングセッションでは、できるだけ、前者な場面をつくりだせるように、コーチとして関わっている。


日常的な会話や仕事場面では、目の前に相手がいるので、相手に合わせながら、使う言葉やリアクションなども変えていくのは、ある種、普通に起きること。

だけど、コーチングセッションのような守秘義務が守られ、安心安全な場では、そのように気を使う必要もあまりなく、

そうすると、自分が本当に使いたい言葉で話したくなり、

そして、実際にそうやって話すと、

「あぁ、なんか、自分の本当に話したいことが話せている感覚です。」

そんなことを、クライアントの方から聞くことがある。


自分の言葉で、自分の話したいことを話せる効果は、人それぞれ感じるものがあるのだけど、

私は日々、コーチングセッションにおいて、クライアントが、本当に話したいことは何か、

そのようなことに向き合っている。

ご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。


、、、言語化してスッキリ☆☆

ちなみに、私自身もマイコーチとのセッションでは、話したいことを好き放題話している😆

さぁ、本日もガンバルンバ💪

山田真伸

執筆者:山田 真伸

Be a Smile代表

国際コーチング連盟プロフェッショナル認定コーチ
一般社団法人コーチングプラットフォーム認定コーチ
Gallup認定ストレングスコーチ
理学療法士

20年で12,000人のリハビリを担当する現役の理学療法士でありながら、病院・介護施設向けの企業研修110件以上、700時間以上の個別セッションの経験を持つコーチ。

  • 病院(リハ科)、介護(訪問看護、訪問リハ、通所リハ)事業所向け
    カスタムメイド式の企業研修
  • リハビリテーション専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)
    リーダー向けコーチングセッション

についての個別相談やお問い合わせはこちらからどうぞ。